IoTって泣いている顔のように見えるのです。なのでcryをつけて「Iotcry」です。
ネットワークプリンターが見つからない、検出されない場合の設定方法。 | インターネット、IoT関連のお悩み解決

ネットワークプリンターが見つからない、検出されない場合の設定方法。

マウスと光

ネットワークプリンターを導入して パソコンから 印刷を試みようと ネットワークプリンターの ドライバーを インストールして ネットワークプリンターを自動検出しようとしたけれど検出されない。 ネットワークとしては 同一セグメントだし、パソコンからネットワークプリンターのIPアドレスへの Pingは応答がある。

なぜ自動的に検出されないのだろう。

以下に 対応録を記載いたします。

おろ? そうではなくて ネットワークプリンターのドライバーがインストールできない場合はこちらの記事をご参照ください。

スポンサーリンク
  

ネットワークプリンターが見つからない、 検出されない場合の設定方法。

パソコンを再起動してみましょう

不具合が起きた時の魔法の対処法。 パソコンを再起動してみましょう。 パソコンがおかしな状態で動いてる可能性もありますので これで不具合が解消する場合も少なからずあります。

ネットワークプリンターを再起動してみましょう

ネットワークプリンターの起動状態によっては 正常状態ではない状態において 起動してる可能性もあります。 ネットワークプリンターの電源をオフオンし再起動することで ネットワークプリンターが見つかるようになる場合もあります。

パソコンのセキュリティソフトが原因

ウイルスバスター やノートン、 ESETエンドポイント などの セキュリティソフト ファイアウォール機能が 原因で プリンターを 自動的に検出できない 検出されない 可能性もあります。 一旦セキュリティソフトをオフにして もう一度 ネットワークプリンターを 検索してみてください。

パソコンのファイアウォールの設定

Windows ファイアウォールや Windows Defender またはユーザーアクセスコントロールなど Windows 端末自体の セキュリティを守る ソフトが ネットワークプリンターの検出を妨げている可能性も否定できません。 切り分けのためには一旦それらの設定を オフにしてみてネットワークプリンターを検索してみてください。

Internet Explorer で プロキシサーバーを設定している

Internet Explorer でプロキシサーバーを設定していて かつ LANのアドレスに プロキシサーバーを 適用する設定になってる場合、ネットワークプリンターの検出を邪魔する可能性は十分にあります。


スポンサーリンク

ネットワーク機器の アクセス制限

マックアドレスフィルターなどネットワークの通信を 制限するような 設定をしている可能性もあります。 今回の場合はパソコンから ネットワークプリンターに対して ピングが通っているので 原因ではありませんが 他の環境では原因の可能性の一つとして 考慮することができると思います。

仕方ないので手動設定する

原因がよく分かりません。仕方ないのでプリンターの インストールポート LPT1に 設定して とりあえずプリンタドライバをインストールします。その後、 コントロールパネルの 管理ツールから 印刷の管理を選択して ネットワークプリンターのドライバーを選択します。そして右クリックしてプロパティを選択し、プリンターの 新しいポートを設定します。 設定途中でプリンターのIPアドレスを入力する箇所がありますので STANDARD TCP IPを 新規設定する方法でなんとかプリンターにテスト印刷することができました。

やっぱりネットワークプリンターが検出されない

いろんな原因を考えたのですが やっぱりネットワークプリンターは 検出されない、 見つからない状態でした。 お客様先だったので これ以上の 原因究明のための 時間を費やすのは 得策ではないとの判断から 暫定的に 対処療法を行いましたが、 もう少し時間をいただけるのであれば、 ネットワーク機器、 ルーターやスイッチングハブなどの設定、また パソコン側では ネットワークプリンターの 検出を 妨げるような ソフトウェアが インストールされて動作していなかったかどうか、 などの切り口から 原因究明を 行いたいと 思いました。

ネットワークプリンターが見つからない、 検出されない場合の設定方法〜まとめ〜

ネットワークプリンターは、 通常であればパソコン側でプリンタードライバーをインストールする途中で自動的に検出することが可能です。 検出される条件としては プリンターの電源が起動していること、 ネットワーク的に疎通が取れていることが 前提条件となります。

しかしながらどうしても自動的に検出できない場合は 手動設定で 設定することも可能です。 お急ぎの場合は とりあえず手動設定で 対応してみてはいかがでしょうか。

本記事が問題解決の一助となればこれほど嬉しいことはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければ別記事もご参照ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レシポンシブル)




 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。