CATV

CATV技術者になろう。資格を取って採用されるためにまずは仕組みや設備を知ろう。

CATVイラスト

本記事では

はてな

IT技術者のうちネットワークの分野に興味がある。ITネットワーク技術を活かしてケーブルテレビに技術者として就職したいがどのようなことを知っておけばいいのだろうか?

という疑問にフォーカスしていきます。

私も勉強中なので、記事を追加するごとにみなさんと一緒に詳しくなっていけたら嬉しいです。

また内容に誤りがあるかもしれませんので発見した場合はご指摘いただけると助かります。

スポンサーリンク

CATV技術者になろう。資格を取って採用されるためにまずは仕組みや設備を知ろう。

CATVって何?

CATVはケーブルテレビの略です。

そのサービス形態は以下の通り。。

サービス内容

メモ

・インターネット
・テレビ放送(地上波、BS、CS)
・電話


など

当初は通信サービスを敷設しずらい地方のための仕組みでしたが、現代では都市部でもCATVサービスは提供されています。

どんな仕事内容?

CATV技術者が考えることは多いです。

屋外作業

メモ

・光ケーブルなど通信ケーブルの設置作業
・電柱を建てる
・お役所への申請(国土交通省、総務省)

屋内作業

メモ

・設備電源の確保、電源容量の設計
・機器を搭載するラックの重量計算などの設計
・通信設計

ざっくり書きましたが上記の作業のひとつひとつがものすごく重たいです。

いろんな人と調整して状況を確認して整理して、設計して確認してまた他の人と調整して。
気の遠くなるような工程です。

もちろん一人でやるわけではなく業者さんにお願いしたりするわけですが内容をある程度わかってないと打ち合わせができないです。

どうやって仕事が進んでいくの?

地方であればCATV会社は市町村とタッグを組んでいることが多いです。

なのでお仕事は入札案件になることも多いのですね。

それで入札に応じた業者さんが頑張って施工するわけです。

最も施工の前に設計業務をコンサル業務として入札案件として公募する場合がほとんどです。

そして、これは、僕の勝手なイメージですがコンサル段階ではきちんと設計されていることがあまり無いです。

だいたいは物理的な内容をこちょこちょしてるだけ、という印象。
設計通りに施工すれば万々歳、なんてことはなく、
そもそもどうやって通信するのさ?

みたいな状況から施工が始まることがほとんどです。

施工でいつも泣きながら設計している身としては、コンサルって楽勝ウマウマなんだろうな、と思います。ちくしょう。


スポンサーリンク

CATV技術者に必要なスキルって?

僕もそんなに経験があるわけではないのでいろんな人に聞いた限りでは

資格としては

ポイント

・工事担任者
・CATV技術者
・CCNA技術者

この辺を取得していると良い感じみたい。

知識的には

ポイント

・分電盤、電源容量、ブレーカにアース接地
・ラックの耐震、アンカー、スペースの計算に放送用、通信用の機器搭載設計
・光ケーブルの敷設、カプラの設置、距離計算、信号損失計算、光コードのタイプ(コネクタ形状、研磨方式など)
・映像通信の設計、TVやSTBを用いた通信確認
・インターネット、IP通信設計

ぱっと思いつく限りこんな感じ。

たくさんあるなあ。

以降の記事でひとつひとつフォーカスしていきます。

CATV技術者になろう。資格を取って採用されるためにまずは仕組みや設備を知ろう。~結論~

高僧ビルとネットワーク

ふう、頭を使うと疲れます。

CATV技術者ってIT通信業界のなかではかなり幅広い知識と技術を求められます。

で、あるが故に潰しの効きやすい職種でもあるのですけれどね。

以降の記事で引き続きCATV技術を学習、整理していきたいと思います。

本記事が少しでもあなたのお役に立てたならばこれほど嬉しいことはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の記事は>>【Comming Soon】

他の人は以下の記事も読んでいます。

スポンサーリンク

-CATV
-,

© 2020 インターネット、IoT関連のお悩み解決 Powered by AFFINGER5