IoTって泣いている顔のように見えるのです。なのでcryをつけて「Iotcry」です。
fortigateでpppoeの設定を。guiで表示されない、できないならcliのコマンドで設定しよう! | インターネット、IoT関連のお悩み解決

fortigateでpppoeの設定を。guiで表示されない、できないならcliのコマンドで設定しよう!

fortigate for pppoe

fortigate。

UTM機能を備えたfirewallです。

当然ながらインターネットに接続するためのpppoeも設定できます。

しかしながら本日僕が設定したfortigateにはweb、guiの設定画面にpppoeが出てこない。

そんな場合はcliで設定いたしましょう。

スポンサーリンク
  

fortigateでpppoeの設定を。guiでできないならcliのコマンドで設定する。

まずはguiでの設定方法

画面キャプチャをつけたかったのですが僕がいじっていたfortigateは会社の機器なので割愛いたします。

ネットワーク > インタフェース > 対象のインタフェース

を選択して

インタフェースのロールを「WAN」に変更します。

そしてインタフェースのタイプをラジオボタンやボタンで「PPPoE」を選択。

その後、プロバイダから通知されたPPPoEのIDとパスワードを設定します。

普通はこれでできるんです。

普通は、です。

guiのインタフェースのタイプが

今日、僕が設定していたforitgateではインタフェースタイプが「マニュアル」と「DHCP」しか選べませんでした。

「PPPoE」がない。選べない。

フューチャーを有効にすればいいのか

とか

インタフェースのロールがWANじゃなくてなにかあるのか

とか

新規で何かのインタフェースを作成する必要があるのか

とか

いろいろ試しましたがどうしてもpppoeの選択ボタンが出てこない!

もう、こうなればcli、コマンドラインで設定だ!

スポンサーリンク

fortigateのpppoe設定をcliのコマンドでやってみよう

cliで設定するにはsshを有効にしたインタフェースに対してパソコンのteratermなどのソフトからアクセスしてもいいのですが、fortigateのwebの設定画面にログインできているならば、設定画面の右上、「admin」と表示されているあたりの左側をクリックするとcliの設定画面が開きます。

またはダッシュボードのトップ画面の下のほうに表示されている場合もあります。

コマンドは以下のように設定します。

★設定コマンド

config global
config system interface
edit wan1
set vdom “root”
set mode pppoe
set allowaccess ping
set type physical
set alias “NTT-Flets1”
set username “********@**********”
set password **********************************
next
end

↑wan1はpppoeを設定したいポート

★設定の投入の様子

FGhogehoge # config global
FGhogehoge (global) # config system interface
FGhogehoge (interface) # edit [wan1] ※[wan1]はpppoeを設定したいポート
FGhogehoge (wan1) # set vdom “root”
FGhogehoge (wan1) # set mode pppoe
FGhogehoge (wan1) # set allowaccess ping
FGhogehoge (wan1) # set type physical
FGhogehoge (wan1) # set alias “NTT-Flets1”
FGhogehoge (wan1) # set username “********@**********”
FGhogehoge (wan1) # set password **********************************
FGhogehoge (wan1) # next
FGhogehoge (wan1) # end

★設定の確認

FGhogehoge # config global
FGhogehoge (global) # config system interface
FGhogehoge (interface) # edit wan1
FGhogehoge (wan1) # show
config system interface
edit “wan1”
set vdom “root”
set mode pppoe
set allowaccess ping
set type physical
set alias “NTT-Flets1”
set username “********@**********”
set password **********************************
next
end

そしてcliで上記コマンドを実行すると以降guiのインタフェースにpppoeのボタンが表示されguiでも設定可能となります。

fortigateってこういうことがたま~にあったりします

結論

fortigateのインタフェース設定でpppoeのボタンが表示されておらず設定できない!

そんな時は一度cliから設定してみてください。

ひょっこり設定できるようになるかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

その他、fortigateの他の記事はこちらの記事も合わせてご参照ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レシポンシブル)




 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。