IoTって泣いている顔のように見えるのです。なのでcryをつけて「Iotcry」です。
インターネットが繋がらないサイトが一部ある。エラー500の原因と対処法は。 | インターネット、IoT関連のお悩み解決

インターネットが繋がらないサイトが一部ある。エラー500の原因と対処法は。

ビル歩く

本日のトラブル対応です~。

今朝出社してみんなパソコンを使い始めたんだけど急に一部のサイトが繋がらなくなったんだ。先週までは普通に使えてたのになあ。繋がらないサイトはひとつだけじゃなくて複数ある。リストアップするのは無理。接続できないサイトはブラウザのエラー表示で「500 Internal Server Error」と表示されているよ。どうすればいいのだろうか?

とのことでした。

一部サイトが「500 Internal Server Error」。普通に読めばサーバ側のエラーですね。なのでサーバのWebページが工事中なのかと思ったら、僕の自社からアクセスすると普通にその「500 Internal Server Error」が表示されるというサイトにいくつかつながったんですね。普通につながってサイト閲覧できるぜ?

何が原因なのだろうか?以下に対応録を記載いたします。

スポンサーリンク
  

インターネットが繋がらないサイトがある原因

再起動してもダメ?

パソコンがへんな状態になってるのか?再起動してみましょう。再起動しました。ダメでしたm(_ _)m

windows updateか

windows updateが週末に適用されませんでしたか?適用されませんでしたか・・・残念。

サーバ側の過負荷

アクセス先のサーバ側が過負荷になって「500 Internal Server Error」が表示される場合があるらしい。けど今回は自社からは100パーセントアクセスできるのでこれが原因じゃない。

googleChrome画像

ブラウザの問題か?

ちょっとGoogleのChromeでアクセスしてみてください、とお願いしたら、あら、相変わらず一部のサイトが繋がらないけど繋がらなくなったサイトが変わったとのことでした。

どういうことかというと

Internet Exploreの場合
 サイトA ○
 サイトB 「500 Internal Server Error」
 サイトC ○
 サイトD 「500 Internal Server Error」

GoogleのChrome
 サイトA 「500 Internal Server Error」
 サイトB ○
 サイトC ○
 サイトD 「500 Internal Server Error」

↑こんな感じでした。なんでだろう?

Internet Exploreが古いのか?

いやいや、最新verのIE11でした。そもそもブラウザが古くてこんなことになるならもっと早く不具合が出てるわな・・・これも原因じゃない。

Internet Exploreのキャッシュをクリアしてみる

1.IEを開いて歯車マークの「ツール」⇒「インターネットオプション」を選択。

2.「全般タブ」で「履歴」の削除を選択。

3.「詳細設定タブ」で「Internet Exploreの設定をリセット」で「リセット」ボタンを選択。

4.PCを再起動

これで直るってどっかのサイトに書いてあったので実施。

結果、直りませんでした。手ごわい不具合ですな。「500 Internal Server Error」おそるべしでございます。

スポンサーリンク

エラー500が表示される時の原因

ノートンっぽい

わかった、セキュリティソフトだろ

セキュリティソフト、ノートンなどで「暗号化されたウェブサイトのウィルススキャン」で「信頼するサイト」に「500 Internal Server Error」が表示されてしまうサイトのURLを追加したらいいってどっかのサイトに書いてあったので実施。

結果、繋がらず。

もはやセキュリティソフトの「暗号化されたウェブサイトのウィルススキャン」を無効に設定。

結果、繋がらず。

きい、セキュリティソフト自体をサービス停止。

結果、繋がらず。

もう、どないやねん!

くらいかべ

Windowsファイアウォールですか?

パソコンのWindowsファイアウォールを無効にしてみてください。あ、最初から無効でしたかそうでしたか(汗

UACですか?

UAC、ユーザアクセスコントロールのレベルを一番下にして・・・あ、既に一番下になってますか、そうっすか(汗

およ?

ネットワーク構成をよくよく聞いてみるとファイアウォールが入っていますね。Fortigate100D。フォーティゲートだ~。

インターネット — ONU — YAMAHA RTX1200 — Fortigate100D — HUB — PC

↑こんな構成でした。Fortigate100Dはトランスペアレントモードでセキュリティチェックをしてるだけなんですね。

実際のインターネット接続、PPPoEの設定はYAMAHA RTX1200に設定されインターネット接続しているらしい。じゃあ試しにFortigate100Dを外してみよ~。

インターネット — ONU — YAMAHA RTX1200 — HUB — PC

↑こんな構成にしてみました。

結果、繋がりました!不具合解消!「500 Internal Server Error」が表示されていたサイトは全て閲覧出来るようになりました!

これって原因は「Fortigate100DのWebフィルターライセンス更新忘れ」ですね。確か1年に1回更新しないといけないはず。

接続するサイトによってはFortigate100DのWebフィルターにひっかかってしまって一部のサイトが接続できなくなっていたんですね。

特にhttpsとかの証明書のやりとりに支障が出るようですね。どこのサイトがどう、とか特定できんですがどうもFortigateのライセンス更新忘れが原因みたい。

※その後、いろいろ調べてみると「http」のサイトが閲覧できず「https」のサイトは閲覧できることが判明しました。httpだと証明書が無いからfortigateがブロックしちゃうのでしょうか?うむむ。

とりあえずFortigate100Dを外したままにしてもらって、その間に新たにWebフィルターのライセンスを購入、そしてFortigate100Dにライセンスを設定。

Fortigate100Dを元通り接続しても「500 Internal Server Error」が一部サイトで表示されてしまう不具合は起きませんでしたとさ。ちゃんちゃん。

インターネットが繋がらないサイトがある。エラー500が表示される時の原因は。~まとめ~

fortigate初期化

今回は手ごわかったですがまさかFortigateが原因だったとは意外でした。

ファイアウォールはセキュリティ上、ネットワークを強固に守ってくれるのですが時々へんなことになってトラブルの原因になります。

本事例が少しでもみなさまのお役に立てれば倖いでございます。

本事例でも解決しなかった場合は、インターネットのサイトが一部繋がらない場合の原因として他の可能性を探るうえではこちらの記事も合わせてご参照ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければ別記事もご参照ください。

インターネットが繋がらない不具合に関する他の記事はインターネットに繋がらない。接続できない時の原因と対処法。をご参照ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レシポンシブル)




 

コメント

  1. 著名さん より:

    ロリポップの500エラーで行き詰まってます

    CGI かSSIが原因との事ですが素人なのでさっぱり分かりません。

    また、ロリポップのサポートやネットで掲載されている改善方法もさっぱりです。

    • asokazu より:

      コメントありがとうございます。
      以下、インラインで失礼いたします。

      >ロリポップの500エラーで行き詰まってます
       ⇒ロリポップとはレンタルサーバの名前なのですね。そういうのがあるのですね~。

      >CGI かSSIが原因との事ですが素人なのでさっぱり分かりません。
       ⇒CGIやSSIは、要するに・・・サーバがブログを準備・提供するための「命令書」ですね。

      >また、ロリポップのサポートやネットで掲載されている改善方法もさっぱりです。
       ⇒私も著名さんが何をしたくて何をして何に困っているのかいまいち特定できないので「さっぱり」です。

      以下は推測も踏まえて記載いたします。

      ブラウザでブログにアクセスしようとしてHTTPのエラーコード500がブラウザに表示される原因は主に3つ。
      ① ロリポップ側の異常
       ・サーバの過負荷、メモリ違反など
       ・一時的な障害
      ② ファイアウォールなどネットワーク機器の影響
      ③ CGIやSSIの記述、編集を誤った

      それぞれの対応策は

       ロリポップのサポートに問い合わせるしかありません。

       会社環境だとすればネットワーク管理者がいらっしゃいましたら問合わせてみてください。自宅環境であれば②が原因の線は薄いかもしれません。

       .htaccessとか拡張子がphpとついたファイルを編集しませんでしたか?
        うまく編集したつもりでも「半角」スペースを間違えて「全角」スペースを入力したとか、タブや改行コードがサーバの仕様とマッチしていなければうまく表示されません。
        編集したファイルをバックアップしていれば、そのファイルをFFFTP(ファイル転送ソフト)などで上書きすればいいのですが・・・たぶんバックアップはとられてないですよね。
        編集した箇所がおわかりであれば編集前の状態に戻してみてどうか、ですね。

      以上の前提は「ブログが今まで表示されていたけどあるときから表示されなくなった」ことを前提としています。

      そうではなくて、そもそもブログを準備していて公開しようとしたらHTTPの500エラーが発生した場合は「うまく動いた実績がない」ということになります。
      この場合は、よくマニュアルや説明書などを読んで間違いがなかったか、場合によっては最初からやりなおす、などの対応が必要となります。

      ご回答でした。

      力不足な私ですが著名さんのトラブル解決の解決に少しでもご参考になれば幸いです。

  2. 著名さん より:

    FFFTPでプラグイン「plugins」のフォルダをリネームする方法や.htaccessのファイル名を変更する方法を試し、ワードプレスのダッシュボードは開けるようになりましたが、
    サイト自体は500エラーのままです。

    また、500エラーになる前に編集などは弄ったりしていません。

    • asokazu より:

      コメントありがとうございます。

      僕もさらに調べてみました。
      Yoshipan Blog – Webdesign –
      WordPressブログが突然HTTP ERROR 500で表示されなくなった話

      上記ブログさんによると
      ・PHPのバージョンアップ
      ・ワードプレスのプラグインのバージョンアップ
      が自動的に行われ、既存のPHPファイルの一部処理が読み込めなくなったことが原因、との記載がありました。

      対応としては
      ・レンタルサーバーの管理画面でPHP5.4からPHP7に変更して終了

      と記載されております。

      ※作業前にはバックアップをとっておくことをオススメいたします。

      おこまりの事象に該当しますでしょうか?
      ご確認ください。

      よろしくお願いいたします。

      • 著名さん より:

        PHPを確認したところ、

        7.1(モジュール版)でした。

        1つ上に7.1(CGI 版)とありますが変更した方が良いのですか?

        • asokazu より:

          著名さんへ

          PHPのバージョンアップに関しては僕も責任が持てませんので自己責任にてお願いいたします。
          またあくまで可能性ですので、それで事象が解決するとも限りません。

          ロリポップのサポートに問い合わせるなどして慎重にことをすすめたほうがいいかもしれません。
          もし
          「ブログで500エラーが発生し始めた時期」=「PHP7.1(モジュール版)に自動アップデートされた時期」
          なのであればPHPのバージョンが原因である可能性は高いと感じます。

          • 著名さん より:

            わかりました!

            バックアップして試してみます。

            本当にありがとうございました!

          • 著名さん より:

            プラグインやPHPが原因ではありませんでした!

            ロリポップに電話で問い合わせるしかなさそうです。

          • asokazu より:

            著名さんへ

            そうですか・・・。

            ロリポップ側でメモリオーバーや過負荷になっている可能性もゼロではないので電話で確認してみるのも手ですね。
            お力になれず恐縮です。
            トラブルが解消されることを微力ながらお祈りしております。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。