IoTって泣いている顔のように見えるのです。なのでcryをつけて「Iotcry」です。
インターネットカフェでできることは何?料金と漫画喫茶の利用方法は | インターネット、IoT関連のお悩み解決

インターネットカフェでできることは何?料金と漫画喫茶の利用方法は

カフェ

僕は頻繁にインターネットカフェ、いわゆる漫画喫茶に行きます。

仕事帰りの気分転換に1時間ほど訪問。

飲み物も食べ物もあるし、誰に気兼ねするわけでもなく自由な時間を過ごすことができます。

そんなインターネットカフェ、いわゆる漫画喫茶。

どんなことができるのでしょうか?

また料金はどれくらいなのでしょうか?

以下に記載いたします。

スポンサーリンク
  

インターネットカフェでできることは何?

インターネットカフェで僕がいつもやっていることリストです。

ソフトクリームを食べる

最近のインターネットカフェ、漫画喫茶にはソフトクリームの機械が置いてあり食べ放題である店舗が多いです。

とはいえソフトクリームは冷たいので食べられる量に限界はありますが、甘いものを安く食べたい場合はもってこいかもしれません。

ドリンクバーで飲み物を飲む

ドリンクバーや自動販売機(無料)が用意されています。

・ソフトクリームに炭酸飲料を混ぜてフロートに
・ソフトクリームでお腹が冷えたらホットドリンクを飲む
・野菜ジュース4割のカルピス炭酸6割で飲みやすい野菜炭酸ジュース作成

などいろんな楽しみかたがあります。

軽食を注文する

時間帯限定で100円の軽食が用意されていたりします。

・カレー
・牛丼

などなどメニューは豊富です。

レトルトっぽく量も少なめですが少しおなかを満たしたいだけであれば100円は十分お得です。

漫画、雑誌を探す

新刊コーナーが用意されていますので新刊チェックです。

または「この漫画がすごい!」コーナーのお勧め漫画を手当たり次第に読みます。

webサイトの利用ではなかなかできないことですね。

漫画を読む

自席、自ブースで漫画を読みます。

一度に持ち込むのは5冊まで、が暗黙のマナーです。

パソコンでインターネット閲覧

自席にパソコンがある場合はインターネット閲覧が可能です。

ちょっとした調べ物などに便利です。

テレビを観る

自席にテレビがある場合はテレビを観ます。

音声を楽しみたい場合は用意されているヘッドホンを装着です。

インターネットカフェの料金

料金は当然のことながら店舗によってまちまちですが、だいたい以下のような相場です。

通常料金パターン

僕がよく行っている(通っている?)漫画喫茶の通常料金は

30分200円
30分経過以降は10分毎に80円

ですね。

これくらいが相場だと思います。

パック料金パターン

3時間からパック料金が適用できる場合がほとんどです。

3時間:980円
5時間:1,480円
9時間:1,980円
ナイトパック12時間:2,480円

くらいの料金体系であることが多いです。

通常料金とパック料金、どちらがお得?

3時間パックと通常料金パターンどちらがいいかを比較すると

通常料金:2時間の場合 200+80×9 = 920円
パック料金:3時間の場合 980円

なので滞在時間が2時間を越える場合はパック料金のほうがお得ですね。

また、店舗によっては滞在時間に応じて自動的に通常料金体系からパック料金体系に切り替えてくれる場合もあります。

入店時に店員さんからプランの希望を求められるので対応してみてくださいね。

スポンサーリンク

漫画喫茶の利用方法は

入店する

入店時に必要なのは身分証明書。

免許証や学生さんであれば学生証、でしょうか。

入店の流れ

・カウンターに行く。並ぶ
・初めての場合はユーザ登録を行う。
・利用時間の目安を伝える
・席の種類の希望を伝える
 ・たばこ:喫煙・禁煙
 ・座席 :オープン席、リクライニング、フローリング、TVのみ、パソコンのみ
・伝票を受け取って席を探す

漫画喫茶の店内では

・大きな声を出したらダメ。普通の会話もなるべく控える。寝てるひともいるからね。
・ジュースや食べ物は自席に持ち込んでOK。もちろん漫画も。
・DVDやゲームを貸し出している店舗もあり

漫画喫茶から出る場合

基本的に期限の時間が来た旨の通知はお店側からはありません。

自己管理です。

伝票を持ってカウンターに行って料金を支払います。

まとめ

インターネットカフェ、いわゆる漫画喫茶はなんとなく暇つぶしするにはもってこいの場所です。

しかも甘いものが急に食べたくなった場合は1時間利用、なんなら30分利用であれば200円程度でソフトクリームが食べ放題です(ただし店舗による)

まだインターネットカフェに行ったことのないかたは一度試しに行ってみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければ別の記事もご参照ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。