IoTって泣いている顔のように見えるのです。なのでcryをつけて「Iotcry」です。
マンションのインターネットが繋がらない!接続方法と何か制限があるのか? | インターネット、IoT関連のお悩み解決

マンションのインターネットが繋がらない!接続方法と何か制限があるのか?

深夜のノートPC

今日はとあるマンションの住人さんからのご質問です。

部屋の中の構成は下記のようにしています。この構成でインターネットに繋がりません。

部屋の外 → モデム → 無線LANルーター → PC

現在、上記のように繋げておりパソコンで確認すると電波はしっかり拾えているのですがIPアドレスを取得できません。となりインターネットネットに接続できません。
パソコンのIPアドレス設定は自動取得になっています。
無線LANルーターの、ルーター機能スイッチを切り替えても繋がりません。パソコンの無線のネットワークプロパティのTCP/IPもチェックは入って有効になっています。
ちなみに、モデムとPCをLANケーブルで直結してるときは問題なくインターネットに繋がります。
サポートセンターにTELしても問題解決せず、無線LANルータが不良品じゃないかということになりました。そこで無線LANルーターを交換して設置したのですが未だに解決せず。

何が原因なのでしょうか?

ということでした。これはたぶん、原因はあれだなあ・・・。以下に対処録を記録いたします。

  

マンションのインターネットが繋がらない!接続方法と何か制限があるのか?

有線LANケーブルで繋がるので

マンションの設備の問題ではありません。そしてお部屋の中に「モデムがある」と聞いていたのですが機器の型番を聞いて調べてみるとモデムではなくVDSL装置でした。つまりほんとのインターネット回線はマンションにひとつでそこから各部屋に分岐させるタイプのインターネット設備ですね。

そしてパソコンのIPアドレスはVDSL装置に接続すれば自動的に取得できる構成でした。

無線LANルータの設定

こちらのモードをルータモードから切り替えて試した、とのことなのでおそらくアクセスポイントモード、透過モードですね。ルータ機能じゃなくて無線の機能だけ使うタイプの設定です。これも設定すること自体は正しいですね。

しかしこちらの作業順番をよくよく聞くとですね。

1.無線LANルーター(ルータモード)とPCを無線接続していた。PCのIPは自動取得。
2.無線LANルーター(アクセスポイントモード)にスイッチで切り替えた
3.無線LANルーター(アクセスポイントモード)とPCは無線接続、繋がらない。

ということでした。これ、本来の手順としては2と3の間にパソコンの再起動(NICの無効有効)作業が必要ですね。

これが原因だ!と思ったのですがパソコンを再起動しても繋がりませんでした。しょんぼりです。


スポンサーリンク

マンションのインターネットには独特の接続方法と何か制限があるのか?

いや普通にLANケーブルで接続すれば繋がりますけどね。実際に質問者様も繋がってましたし。何が原因だろう?

無線LANルータの状態は?

こちらは質問者様がメーカに問い合わせて「正常動作している、問題なし」との回答がメーカよりあったそうです。壊れているわけでもないと。

無線LANルータの設定は?

ルータモードからアクセスモードにしているはずなのでルータ機能は動作してないはず。

そこで無線LANルータがアクセスポイントモードの状態で以下の2パターンの場合にてパソコンの設定を確認してもらいました。

1.直接VDSL装置にパソコンをつないだとき

→パソコンのIPアドレスは192.168.1.21でした。ここでLANケーブルを抜いて一度パソコンを再起動。

2.VDSL — 無線LANルーター — パソコン とつないだとき

→パソコンのIPアドレスは192.168.10.100でした。

あれ、なんで違うの?1.2で同じになるはずなのに。

無線LANルータの設定

そこでパソコンからWebブラウザで無線LANルータの設定画面にアクセス、ログインIDとパスワードを入力してもらって設定画面にログインしてもらいました。

すると設定画面ではモードが「ルータモード」となっておりました。

こちらをクリックして「アクセスポイントモード」にブラウザで設定変更。設定を保存。そして念のため無線LANルータや機器を再起動。

そうすると、無線LANルータ経由でパソコンは無事インターネットに繋がりましたとさ。

結論

マンション環境のインターネットは各部屋でインターネット回線を共有するタイプになります。なのでフレッツ光を例にとっても回線を1つの家で占有する戸建てタイプよりは月額料金が安いですね。

しかしながら共有部分があるがゆえに他のヘビーユーザが大容量通信をしていると影響を受けてしまったりとデメリットもあります。

トラブルの際は構成を見極めて冷静に対応、したいのですが難しい場合はやはりマンションの管理人さんに確認する、機器であればメーカーサポート窓口に確認して対応するのが無難です。

あなたのインターネットライフが快適なものになるよう祈っております。最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レシポンシブル)




 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。