IoTって泣いている顔のように見えるのです。なのでcryをつけて「Iotcry」です。
ネットに繋がらないのはブレーカが落ちてから。原因と対策は。 | インターネット、IoT関連のお悩み解決

ネットに繋がらないのはブレーカが落ちてから。原因と対策は。

入道雲

今日も今日とてインターネット関係のトラブル対応です。

本日は昨晩雷による停電が発生した方からの申告です。

先日、ブレーカーが落ちてからインターネットに繋がらなくなりました。パソコンとゲーム機器をインターネットに繋げて利用していたのですが、どちらもブレーカーが落ちた後はインターネットに繋がりません。ブレーカーが落ちた当日も、落ちる前までは繋がっていたのですが、ブレーカーが落ちたあとにゲーム機を起動するとIPアドレスの取得は成功するのにインターネットの接続には失敗してしまいます。その際に「サーバに繋がりません。DNSエラーです。」と表示されます。

モデムなどの回線終端装置は電源の入り切りをして再起動しました。がインターネットにつながりません。

どのように対応したらよいでしょうか?

という内容でした。

ブレーカが落ちてからインターネットに繋がらない、ですか。

では対応録を追ってみましょう。

スポンサーリンク
  

ネットに繋がらないのはブレーカが落ちてから。原因と対策は。

有線接続の場合

PCトラブルの可能性もありますが、インターネット設備側で考えられる原因と対策としては

1. モデム、ONUの再起動(コンセント抜く-10秒待ち-コンセント入れる)

2. PC、ゲーム機の再起動を行ってみる。モデム、ONUの動作確認。

3. モデム、ONUのLEDランプの状態が安定したことを確認。

4. ルータの場合、正常に動作しているならば、PPPのLEDランプが点灯。LEDランプが消灯しているならルータの再設定を行う必要あり。

5. PC、ゲーム機の電源が入っていることを確認しモデム、ONUのLANのLEDランプが点灯している事を確認。

2で安定しなければインターネット側設備の問題です。LAN配線に問題がなければプロバイダのサポート窓口へご連絡願います。

3の場合は雷ということでサージ電流、過電流が原因でのルータ内のフラッシュメモリ異常が原因の可能性が高い。通常は再設定を実施し回復する。

3でランプがつかなければ、モデムの故障の可能性が高い状態。

プロバイダへ状況を話して対応してもらいましょう。

雷やブレーカー断が原因でのモデム、ONUの故障は非常に多いです。酷いときには機器が焦げています。

その場合は危険ですのでそのまま使わずに機器交換する、もしくはしてもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

無線接続の場合

基本的には有線接続の場合と対応は同じです。

違うのは無線LANアクセスポイントの扱いですね。

バッファローなどのルータが無線LANアクセスポイントを兼ねている場合も多いです。

手順に従って

1.無線LANアクセスポイント機器の再起動

2.無線LANアクセスポイントの設定がクリア、初期化されていれば再設定

3.無線LANアクセスポイントの電源がつかないならば故障。メーカサポートに問い合わせ

となります。

結論

雷などのサージ電流が原因でIT機器が壊れることは頻繁に発生します。

上記の切り分け方針を基にご対応いただきトラブルが解消されれば倖いです。

なお、雷によるサージ電流対策には対応する電源タップも販売されておりますのでご参考に。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【日本製】ワットメーター付6個口タップ
価格:3085円(税込、送料別) (2018/7/3時点)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

別記事もご参照ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レシポンシブル)




 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。