IoTって泣いている顔のように見えるのです。なのでcryをつけて「Iotcry」です。
FUJITSUのパソコンが起動しない!ノートパソコンwindows10での対処法は。 | インターネット、IoT関連のお悩み解決

FUJITSUのパソコンが起動しない!ノートパソコンwindows10での対処法は。

富士通ロゴ

本日のお問い合わせはこちらです。

FUJITSUのノートパソコンAH550/5Bを先日オークションで購入しました。

OSはWindows10です。

昨日いつものようにパソコンを起動しようとしたのに、Windowsのマークが出てその下にグルグル回るやつが出てきてそのまま進まなくなりました。

そして「強制終了して自動修復の準備をしています」というメッセージが出てきて画面が真っ暗になりそのまま動かなくなります。

マウスポインタは出てきます。

F12を押して起動して診断プログラムではハードディスクに問題無しと表示されます。

トラブル解決ナビだと「トラブル解決ナビ準備中」は出てくるのですがそのまま動かず。

リカバリディスクを入れて再起動しても同じ症状です。

因みに最初のFUJITSUのマークは出てきます。

どうすればよろしいでしょうか?

とのことでした。

FUJITSUのノートパソコンが起動しない場合ですね。

以下に対応録を記載いたします。

合わせてノートパソコンが真っ暗で起動しない場合はこちらの記事をご参照ください。

  

FUJITSUのパソコンが起動しない!ノートパソコンwindows10での対処法は。

メーカサイトを確認してみます

参考:FUJITSU
パソコンが起動できなくなりました。

パソコンの電源は入りますが、Windowsが起動しません。

パソコンのトラブルを診断します

メーカサイトに沿って確認してみると

CD,DVDやUSB HDDが接続されていないですか

一旦取り外してノートパソコンを起動するようにしてみましょう。

パソコンを放電する

参考:FUJITSU
パソコンを放電する方法を教えてください。

上記サイトを要約すると

電源ケーブルとかLANケーブルとか全て抜いて2~3分程度放置。その後ケーブルを接続し直してノートパソコンを起動する、となります。


スポンサーリンク

回復処理メニューが表示される

参考:FUJITSU
起動時に「Windows エラー回復処理」が表示されます。

どうも回復メニューが表示されている模様。

上記サイトを参考に対応してみます。

>セーフモードで起動するか。

今回はセーフモードで起動しませんでした。

となるとこれ、windowsというよりはパソコンの基幹部分が壊れていますね。

ハード的な故障であれば修理なのですがBIOSが壊れている可能性もあり。

リカバリディスクで起動するか

FUJITSUのノートPCの場合、リカバリファイルはハードディスクの中にあるので、そこからリカバリディスクをユーザーが作成する必要があります。

リカバリディスクは購入時に付属していたのでしょうか。

リカバリディスクを入れて再起動する方法であれば、PCの異常でなければWindowsの異常と関係なくリカバリディスクが起動できるはずです。

パソコンが正常でリカバリディスクが起動すると仮定して、リカバリディスクを入れてノートパソコンの電源を入れても何もしないだとHDDから起動しようとするので、パソコン起動直後に「CD,DVD・・・」などのメッセージが出たら何かキーを押してリカバリディスク、DVDから起動させてください。

※データを失う可能性もありますので実施は自己責任にてお願いいたします。

メーカ故障修理の金額

メーカ故障対応の部品交換を含んだ金額を調べてみると・・・金額が大体5万円!

これは・・・新しいPCを買ったほうが後々結果的にお得なのでは(汗

今のパソコンを修理して3年間使うとして5万円だと1.66万円/年。

新しいパソコンを14万円で買って7年間使うとすると2万円/年。

ん~それでも新しいパソコンを買うほうが値段は高いのですね。

でも新しいパソコンはスペック=性能がよいので値段だけでなく使用感も踏まえるとどちらがお得になるかは個人の価値観に依存することになりそうです。

FUJITSUのパソコンが起動しない!ノートパソコンwindows10での対処法は。~結論~

いかがでしたでしょうか。

FUJITSUのパソコンが起動しない場合は

・メーカのサポートサイトの情報を確認
・リカバリディスクで修復
・最悪の場合は修理、買い替え

などの対処を検討してみてください。

富士通のパソコンは使いやすくて優秀なのですがそれでもまれに壊れてしまうこともあります。

本記事が少しでもお役に立てたならばこれほど嬉しいことはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければ別記事もご参照ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レシポンシブル)




 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。