IoTって泣いている顔のように見えるのです。なのでcryをつけて「Iotcry」です。
ソフトバンクでインターネットが繋がらない。自宅での不具合対応は。 | インターネット、IoT関連のお悩み解決

ソフトバンクでインターネットが繋がらない。自宅での不具合対応は。

キーボードとディスプレイ
ソフトバンクさんで自宅のインターネットを契約して有線LANで使っていたけれどちょっと前から使えなくなった。
モデムを何回再起してもモデムのPPPランプなどインターネットに接続したことを示すリンクランプが点灯しない。
モデムエラーとエラー番号が表示される。
パソコンも何度も再起動したし配線も今までと変わってないか、合っているか何度も確認した。
なぜ繋がらないのだろうか。

スポンサーリンク
  

ソフトバンクでインターネットが繋がらない。自宅での不具合対応。

結論からするとモデム、ONUなどの回線終端装置より外側、回線区分側の故障の可能性が高いですね。※ちなみに回線終端装置より内側、家の中のことをNTTでは「宅内」と区分しています。
僕の今までの経験場、考えられる可能性の高い原因は下記です。
・お部屋の中の回線終端装置のケーブルを大きく曲げて断線させてしまった。
・建物のすぐ外の外線通信ケーブルの断線。台風とか動物とかの影響。稀に陽射し、風雨による劣化など。
・局内故障。電話局内のインターネットが収容されている機械の部品故障。

上記、どの原因の場合でもNTTさんにお問い合わせのご連絡です。

電話でNTTに問い合わせてみる

電話番号は局番なしの116です。携帯PHSからは東日本の場合0120-116-000、西日本の場合は0800-2000116です。【2018年現在】
softbankなのになぜNTT?ドコモじゃないぜ?と思うかもしれませんが大規模な回線設備を国内で所持しているのはNTTさんでありauさんやsoftbankさんもこのNTTさんの設備に相乗りしていることが多いのです。よって工事、故障確認はまずはNTTさんにお問い合わせしてみようということです。※最近はauさんもsoftbankさんも自営設備が増えてきているようです。

インターネットのNTTのサイトで確認してみる。

サイトで確認する場合はお住まいの地域によって下記サイトへ。
NTT東日本さんのサイト
NTT西日本さんのサイト

また、ご自分で確認する場合は下記記事をご参照くださいませ。
インターネットが繋がらない。フレッツ光東日本の回線調査方法。
インターネットが繋がらない。フレッツ光西日本の回線調査方法。

回線もときどき工事をしていたり故障していたりします。
そしてその情報は基本的には積極的には通知されません。
なぜならば回線サービスはフレッツに代表されるようにベストエフォート型であることが多いからです。
ベストエフォート型とは「なるべく繋がるようにするけれど繋がらないときもあるよ」というサービスです。
その分、月額料金数千円程度でサービスがご提供できております。
ちなみに回線が必ず繋がる、メンテナンスもちゃんとする回線もありますがとても高いです。
主にビジネス目的なのですが100M帯域だと月額100万円以上するのが相場です。
必ず繋がる、品質を実現しようとするとメンテナンスに人の手がかかりますのでこれくらい高くなってしまうのですね。
個人での契約は難しそうです(汗

スポンサーリンク

結局どうすればいいのか

回線故障の場合、修理完了するまで待つしかないです。
ただしご自宅の外、などかなりお家に近い場所の故障の場合NTTさんは積極的に修理してくれない可能性が高いです。
これは決して怠慢ではなくインターネットサービスはベストエフォート型という(以下略

なのでお手数なのですがあなたのほうから積極的に回線側担当に問い合わせてみてください。
なんというか記事を書いている僕が申し訳なくなってきたのですが、インターネットをお客様に普及させるためにはお客様が支払いできる現実的な料金を設定するしかないこと、そしてその現実的な料金に見合ったサービスでは必ずしも故障、特に影響範囲の小さい故障まで対応しきれないこと、がありますので何卒ご協力いただければ倖いです。

結論

モデム、回線終端装置の再起動、ランプ状態を確認してインターネットに接続できてなさそうだ。パソコンを何度か再起動してもダメ。ネットワークの設定も今までとおりで変えてない。

ならば回線側の問題の可能性が高いですね。お手数ですがお問い合わせしてみてください。

本記事が少しでもあなたのお役に立てていれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。