IoTって泣いている顔のように見えるのです。なのでcryをつけて「Iotcry」です。
MicrosoftのEdgeの動作が重くて遅い!原因と対処方法は。 | インターネット、IoT関連のお悩み解決

MicrosoftのEdgeの動作が重くて遅い!原因と対処方法は。

Edgeが重い

本日のお問い合わせはこちらです。

Windwos7 Proffesional 64bit をクリーンインストールし、WindowsUpdateで最新まで更新させてから、Windows10にアップグレードしたばかりのデスクトップPCがあります。

ルータからIPアドレスを自動取得し、インターネットに接続されているのに「ブラウザでの通信だけが遅い」現象に困っています。

別のPCからのリモートデスクトップ接続もスムーズに操作できるし、共有フォルダでのファイルのやり取りにも問題ありません。ブラウザでYahoo、Google、Youtube等への接続しようとしても「このサイトにアクセスできません www.youtube.com からの応答時間が長すぎます。」という画面になってしまいます。

いつのまにか復旧する時もあるのですが、操作中に急につながらなくなります。

ですが、奇妙なのはGmailだけはスムーズに表示されるんです。

試したことは以下です。
・Microsoft Edge
・Google Chrome
・オンボードLANでの接続
・無線子機(USB)での接続

オンボードLANの不調かと思い、無線LANに切り替えても同じ症状なので、ネットワークカードの問題ではなさそうなのですが。

何か原因究明の手がかりをアドバイスいただけないでしょうか?

とのことでした。

windows7からwindows10にアップグレードしたのですね。別ブラウザでも既にお試しとのことなのでEdge単体の問題ではないような気がしますね。

以下に対応録を記載いたします。

おろ?そうではなくてinternet explorerの動作が遅い場合はこちらの記事をご参照ください。

スポンサーリンク
  

MicrosoftのEdgeの動作が重くて遅い!原因と対処方法は。

回線の不調か

先ほどの記事にも記載したのですが回線調査を行ってみてインターネット回線自体が遅くなっていないか確認してみましょう。

インターネット回線自体が遅くなっている場合はすぐにできる対処としてはルータやモデムの再起動、時間がかかる対処としてはプロバイダの変更などを検討することになりそうです。

回線経路の応答時間を調べてみよう

コマンドプロンプトを起動してtraceを実行してみましょう。

参考:PC設定のカルマ
Windows10 – コマンドプロンプトを起動(管理者)

僕も実行してみました。ここではyahooに対してtracertコマンドを実施してみます。

tracertyahoo

tracert結果

途中経路で「*」が出ているのは特に問題ありません。インターネット通信への途中経路の機器が応答を返さない設定になっているためです。もちろんインターネットにはつなげてくれます。最後に「トレースを完了しました」と表示されていればyahooと通信できています。

僕の例でいえば「4」から応答時間が長くなっていますね。インターネット回線であれば数十msであれば正常、数百msだと時間がかかっているなあ、数千msだと体感的にインターネット閲覧が遅くなると思います。

windowsをアップグレードした影響

過去にこんなことがありました。windows7をwindows10にアップグレードすると画面が時々一瞬暗くなってエクセルなどのソフトが強制終了してしまう、と。

参考:iotcry
windows10の画面が一瞬消える暗くなる!excelが強制終了で落ちる不具合の対処法。

上記対応ではディスプレイドライバを更新しましたがネットワーク関係であればNICのドライバを更新する対処が考えられます。無線に変えても症状が変わらなかったとはいえ、有線でも無線でもドライバがいまいちうまく適用されていない、という可能性はあります。

参考:Microsoft
Windows 10 でのドライバーの更新

またネットワークドライバの更新ではなくて新しいドライバを再インストールする方法もあります。

※以下の対応は失敗するとネットワークに繋がらなくなるので十分に注意のうえ、実施は自己責任にてお願いいたします。

参考:NEC
Windows 10でネットワークアダプターのドライバーを再インストールする方法

もともとwindows7のマシンをwindows10にアップグレードした場合、PCがwindows10に一部対応しない場合があるのですね。ディスプレイドライバとかネットワークドライバとか。

なので僕はwindows7をwindows10にアップグレードする方法はあまりおすすめできません。対応する手間とストレスのほうが大きいと判断するので僕の考えとしては新規でwindows10のPCを購入したほうがよいと思っています。

スポンサーリンク

windows updateの影響か

windows updateは思わぬ不具合を発生させることがあります。

・PCの動作が遅くなる
・アプリの動作が遅くなる
共有フォルダが見れないアクセスできない

などなど過去にいろいろありました。

なかにはwindows updateを適用すると一部ファイルが勝手に消えるというとんでもない不具合もありましたね。

この場合の対処法としては次回window updateを待つのが良さそうです。

強制的にwindow updateの更新プログラムをアンインストールする方法もありますがシステムが不安定になるかもしれないのでおすすめいたしません。

システム検証、修復

参考:マイクロソフト
システム ファイル チェッカー ツールを使用して不足または破損しているシステム ファイルを修復する

最近のwindowsにはコマンドひとつでシステムのチェックと修復を行ってくれる機能がついています。

コマンドプロンプトで
sfc /scannow

システムが一部破損したことが原因でEdgeが遅くなっている場合はこちらの対処で不具合が解決するかもしれません。

別のアプリをインストールした

最近ではあまり聞かなくなってきましたが、新しいアプリをインストールすると既存アプリと競合して動作が遅くなる場合があります。

その場合は可能であれば一旦新しいアプリをアンインストールしてPCを再起動するとEdgeの動作が速くなるかもしれません。

参考:パナソニックパソコンサポート
[Windows 10] デスクトップアプリをアンインストールする

これでもEdgeが遅い場合はパソコンをリストアするという最終手段があるのですがそこまでやるかなあ、という感じです。

MicrosoftのEdgeの動作が重くて遅い!原因と対処方法は。~結論~

メガネの女性

いかがでしたでしょうか。

MicrosoftのEdgeの動作が重くて遅い場合は

・回線の状態確認
・パソコンのドライバ確認
・システム検証、修正

などで対処してみてください。

本記事が少しでもあなたのお役に立てたならばこれほど嬉しいことはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければ別記事もご参照ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レシポンシブル)




 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。